自動車の名義変更や登録の行政書士寺村事務所

自動車の名義変更や、登録関係ならおまかせください。県外への出張封印にも対応しています。お気軽にご相談ください。
 0749-21-3317
お問い合わせ

出張封印に対応

当事務所は、出張封印に対応しています!

軽自動車以外の、小型車や普通車と呼ばれる「登録車」には、後ろのナンバープレートの左ネジの上から、封印というものを付けることが必要です。

この封印は、道路運送車両法に規定されており、それがないと、道路上を運行することはできません。

 

また、この封印をすることによって、国に登録されたこととなり、自動車が財産として正式に証明されたことになります。

 

封印が必要なのは、こんな場合です

他府県から滋賀県への名義変更をした場合は、ナンバープレートも、他府県ナンバーから、滋賀ナンバーに変更しなければなりません。

また、新車や、中古車で車検が切れている場合に、再度、新規登録をする場合は、もともと、ナンバープレートがついていない状態なので、新しいナンバープレートを取り付ける必要があります。

 

また、今、ひそかな人気になっている、図柄ナンバーへの交換や、番号自体を、自分の好きな番号に変更するという、希望番号制度というものにより、新しいナンバープレートに変更する場合などが、ナンバープレートの交換を必要とされるケースです。

この、封印というもの。どこでしてもらえるのか、ということに関して、 滋賀県の場合は、守山市にある、滋賀運輸支局まで、実際に自動車を持ち込み、自動車を提示して、その車台番号の刻印と、車検証に記載の車台番号が合致していることを確認されて、はじめて、担当係員から、封印を受けることになります。

 

この封印をするのは、平日の昼間に限られており、土日祝日は、休みのため、もし、運輸支局へ行く場合は、平日の昼間に休みを取り、実際に自動車を持ち込まなければばなりません。

 

当事務所の出張封印は、土日祝日のナンバープレート交換と封印が可能です!

このように、通常は、平日の昼間に、直接、自動車を守山市の運輸支局へ持ち込む必要がありますが、当事務所へご依頼いただきました場合は、平日の昼間に限らず、例えば、土日祝日のナンバープレート交換が可能となります。

 

これは、当事務所が、行政書士が行う封印する権利(丁種封印)をもっているからです。

 

しかも、名義変更のみを、平日の昼間に当事務所が行い、新しいナンバープレートと封印そのものを受け取ったあとに、お客様のご都合の良いとき、例えば、土日祝日に、自宅や、会社の駐車場など、お客様のご指示により、当事務所がそこまで出張し、古いナンバープレートをはずして、新しいナンバープレートを取り付け、封印をするという作業が可能なのです。

 

ナンバープレートの交換と封印にかかる時間は、おおよそ10分だけです

当事務所にご依頼いただきますと、事前に、新しいナンバープレートと封印を用意して、お客様のご指示の場所と日時での、ナンバープレート交換と封印を行います。

 

それに必要な時間は、わずか、10分程度となります。

 

なお、このナンバープレート交換と封印作業に関しまして、お客様の立ち会いが必要かどうか、ということですが、実は、立ち会いというか、その自動車が、車検証に記載の自動車に間違いがないかどうかを確かめるために、車台番号の刻印の写真を撮影する必要があるため、どうしても立ち会いというか、自動車のキーを開けていただき、運転席の下や、エンジンルームなどに刻印されている写真を撮影させていただく必要がございます。

 

これは、自動車の使用者でなくとも結構ですので、ご家族とかにキーを預けていただいてもかまいません。

つまりは、立ち会いというのが、やはり必要となりますので、そのご都合の良い日時、場所をご指示いただければかまいません。時間は、10分だけです。

 

出張封印は、ご希望があれば、どこへでも出張します!滋賀県以外に出張することも可能です!

自動車販売店の方から、よく、封印もナンバープレートと一緒に送ってくれないか、というご希望がございますが、残念ながら、ナンバープレートを送ることは可能なのですが、封印を送付することはできません。

ただし、ちゃんと封印をして、乗れる状態にしたうえで、お客様に納車したい、という希望をお持ちの自動車販売店もあろうかと思います。

 

このような場合において、当事務所が、直接、他府県まで出張し、封印をすることも可能です。

県内における出張封印に関しては、料金の設定ができているのですが、他府県の場合、その場所や、そこへ行くまでの道路状況により、出張封印の料金が変わってきます。詳しくは、お問い合わせいただければ、お見積もりをさせていただきます。

 

また、滋賀県からかなり遠方の場合、丁種封印の再委託を行うという方法もございまして、それほど大きな料金をいただくことなく封印が可能となる場合もございますので、詳しくは、お問い合わせください。

2019.06.18 Tuesday